読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCゲームとかギターとか

PCゲーム 自作PC PCパーツ その他趣味や興味の有ることや怒り等を書き綴ります。

大腸内視鏡検査結果についての考察

潰瘍性大腸炎

予想通り病名は【潰瘍性大腸炎】でした。

潰瘍性大腸炎とは、軽度~劇症まで有り当方の場合、重症に当たるみたい。

国から指定された難病なので今後難病申請を出すと国保負担額は2割負担で月あたりの医療費上限は10000円(世帯所得~370万円の場合)となる。勿論指定した病院と薬局で適用となる。らしい

 

以下画像は診断結果と今後の治療法↓

f:id:otsushiki77:20170220161758j:plain

見ての通り直腸とS状結腸の潰瘍炎症が酷く大腸全体にも軽い炎症を起こしている。

今後ステロイドの内服で様子を見て治らない場合外科手術となる見通し。

各種ステロイドが効かなかった場合外科手術で大腸全摘となる。

大腸全摘は、一時的ストーマになるが小腸で回腸を作り肛門を繋ぐ手術らしい。

今回処方された薬は、

1 プレドニン 2 ビオスリー配合錠 3 メラサジン(アサコール) 4 ランソプラゾールOD錠(タケプロンOD錠) 5ダイフェン配合錠(バクタ配合錠)

()内は処方箋に記載された内容

 

個人的に薬で寛解に持っていくよりいっそ大腸全摘が良いのだがねwww

難病申請面倒くさそうだ(;;゚;;ё;;゚;;)