読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCゲームとかギターとか

PCゲーム 自作PC PCパーツ その他趣味や興味の有ることや怒り等を書き綴ります。

神奈川県警巡査(33)の盗撮事件についての考察

神奈川県警浦賀署の巡査(33)が女子高生(JK)のスカートの中をスマートフォンで撮影し1/27神奈川県警浦賀署の巡査(33)書類送検されたらしい。

罰則は、減給10分の1(6か月)の懲戒処分と言うとても軽いものとなっているらしい。

個人的には、罰則が軽いのは良いとして神奈川県警浦賀署の巡査(33)の氏名や写真は公開すべきだと思う。

こう言う変態属性をもった人間は、またJKのスカートの中を盗撮する可能性が高い。

顔写真や氏名を公開することで全国のJKや女性たちに「この巡査はスカートの中に興味があるようです」注意喚起する必要があるのだ。

日本の警察は、身内に激甘すぎる風潮をなんとかして欲しいものだ。

 

■その他警察庁激甘事例

 

奈良県警の現役署長が財布を置き引きし逮捕

処分→反省しているので不起訴

 

・福岡県警の署長が高校生を轢き逃げし逮捕

処分→ケガが重くないので不起訴

 

・神奈川県警旭警察署巡査部長(40歳)が電車内で女子高生の性器に指を入れる強制わいせつ事件で逮捕

処分→示談したので不起訴

 

その他にも容疑者の氏名が出てる事件で

・エスカレーターで女子大生の足を盗撮したとして、神奈川県警鉄道警察隊
4日、横浜市旭区白根8、神奈川県警旭署地域課巡査、山田倫久(みちひさ)容疑
者(23)を県迷惑防止条例違反(盗撮)容疑の現行犯で逮捕した。

 

等など神奈川県警によるわいせつ事件が特に目立つ。

 

■最後に

児童に対するわいせつ事件も教員や議員、警察など公務員が起こした事件も非常に多い。

勿論公務員特権で処分はとても軽い物となってる........